防犯が気になるならセキュリティ面を重視してみよう

オートロックで建物の敷地内外が隔てられていること

オートロックを使用し、まずは建物の敷地内にアクセスできる人を物理的に限定することが大切です。アクセス権を限定することで、敷地内には基本的に住人をはじめとする建物の関係者のみがいるという状況を確保することができます。オートロックの方法にはいくつか種類がありますが、暗証番号入力式よりも鍵やカードを使う仕組みの方がおすすめです。 暗証番号の場合、他人に解読される可能性がありますが、鍵やカードキーを用いる場合はその心配がありません。ただし、複製や紛失といったリスクが伴うため、厳重に管理する必要があります。オートロック用と自室用で鍵が分かれている場合、持ち歩く鍵の量が増えて紛失のリスクも高まります。そのため、オートロックと自室とで同じ鍵を使う物件を選ぶと管理が楽になるかもしれません。 また、指紋認証で解錠できる物件も増えてきています。さらに安全性を高めたいのであれば検討する価値がありそうです。

部屋の玄関扉が敷地外から見えないこと

例えば帰宅時、自身が建物に入る様子を誰かに見られていたとします。遠目でも敷地外から玄関扉が見える構造の場合、気付かないうちに誰かに部屋の位置を知られていても不思議ではありません。しかし、部屋の玄関扉が敷地外から見えない構造であれば、自室の階や位置を特定するのは極めて難しくなります。人通りの多い道路沿いや地域に住もうとしている方へは特におすすめです。また、玄関の出入りを見られなくても、例えば窓に明かりが灯る様子を建物の外から視認できそうであれば、自室の階やおおよその位置が特定されるおそれは無きにしも非ずです。徹底的に安全性を追求したい方は、帰宅後であればしばらく時間をおいて部屋の電気を点灯するといった対策を行うことも良いかもしれません。